上伊那・南信州の矯正歯科なら南信歯科矯正Lab

お電話でのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ

医院のご案内

南信歯科矯正Labとは

南信歯科矯正Labは、くらた歯科医院に併設された歯科矯正専門の研究所です。矯正治療はくらた歯科医院にて行います。また、駒ヶ根市の倉田歯科クリニック茅野市においても、隔日ですが診察が可能です。

ごあいさつ

はじめまして。南信歯科矯正Labの倉田和之です。

私は歯科医師となってからの14年間、大学病院の矯正歯科にて臨床・教育・研究に従事し、歯ならびについて専門的に学んできました。幸い素晴らしい指導者や多くの同僚に恵まれ、また沢山の患者さんに支え・育てて頂いたおかげで、日本矯正歯科学会から認定医・指導医として認められました。

この14年間しっかりと学んできた「歯ならびを治す力」を、
生まれ育った南信州の皆様のために発揮し、恩返ししたい。
そして歯科矯正について、生涯を通して学び研究していきたいとの思いから、2016年この研究所を開設いたしました。

美しい歯ならびは心と体の健康に関係します。「健康にかめること」「思いきり笑えること」は、あたりまえのようで、本当に幸せなことです。矯正治療で、南信州の元気と幸せに貢献
できるよう全力を尽くします!

ごあいさつ

経歴

  • 1996年
    長野県立伊那北高校卒業
  • 2002年
    松本歯科大学卒業
  • 2006年
    松本歯科大学歯科矯正学講座 助手
  • 2007年
    日本矯正歯科学会 認定医取得
  • 2009年
    松本歯科大学 博士号(歯学)取得
  • 2014年
    松本歯科大学歯科矯正学講座 講師
  • 2016年
    南信歯科矯正Lab 開設
  • 日本矯正歯科学会 認定医・指導医
  • 松本歯科大学歯科矯正学講座 非常勤講師
  • 甲北信越矯正歯科学会 編集委員
  • 歯学博士
ご日本矯正歯科学会 指導医

所属学会・研究会

  • 日本矯正歯科学会
  • 甲北信越矯正歯科学会
  • 日本顎変形症学会
  • 日本口蓋裂学会
  • 日本小児歯科学会
  • 日本における口唇裂・口蓋裂治療に関する多施設共同研究を考える会

院内写真・設備(くらた歯科医院)

デジタルレントゲン機器(X-Ray)

より詳細な矯正治療を行うためには、表面の歯並びだけでなく、顎の骨の状態を知ることが大切です。
当院では被曝線量を従来のレントゲン機器より抑えたデジタルレントゲン機器を導入し、精密な検査・診断を行っています。
必要に応じてCTも撮影可能なため、立体的な検査・分析も行えます。

デジタルレントゲン機器(X-Ray)

診断・説明用ソフト(WinCeph)

診断や説明にレントゲン画像から顎や歯の形を抽出し、線を引いて数値化できる診断ソフトも利用しています。

診断・説明用ソフト(WinCeph)

バイオスター(Biostar)

矯正治療後の後戻り防止の為の質の高い保定装置など、透明なラミネートを使用した装置を迅速に製作することができます。

バイオスター(Biostar)

顎運動・筋電図測定装置
(Win Jaw Analysis System)

あごの動きや筋肉の活動状態をリアルタイムで表示し、計測結果を3Dアニメーションにて確認することができます。

顎運動・筋電図測定装置(Win Jaw Analysis System)