上伊那・南信州の矯正歯科なら南信歯科矯正Lab

お電話でのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ

矯正治療について

矯正治療のいいところ

むし歯や歯ぐきの病気を防ぎ、健康な歯を保つ

むし歯や歯ぐきの病気を防ぎ、健康な歯を保つ

歯が重なりあい、かみ合せが悪いと、歯みがきがしにくく、むし歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなります。歯ならびを良くすることは、これらの歯に関する病気を未然に防ぐことに役立ちます。

健康なカラダを取り戻す

健康なカラダを取り戻す

歯ならびは、咀嚼(食べ物をかみ砕く)・嚥下(食べ物を飲み込む)・発音(ハッキリとした会話)・呼吸(鼻呼吸が正常)・姿勢(猫背やストレートネックは要注意)などに関係し、カラダの発育や健康にまで影響を与えてしまうことがあります。歯ならびには遺伝要因もありますが、普段の生活習慣などの環境要因が大きく影響することが知られています。

顔のバランスを整える

顔のバランスを整える

歯ならびは、あごの成長にも影響します。上下のあごのバランスが悪くなると、口元の突出や下あごの過大、顔の左右非対称などを引き起こすことがあります。適切な時期に歯ならびを良くすることで、正しい顔の成長を促すことができます。

笑顔を取り戻す

笑顔を取り戻す

歯ならびに自信が持てないことで、消極的になり笑顔が少なくなったり、自分の笑顔を好きになれない・・といった悩みを抱えることもあります。歯ならびを良くすることで、自信をもって、明るく笑顔で人と接することができます。

矯正治療の流れ

01歯ならび相談

歯ならび相談

お悩みやご希望をお聞きします。ご自身の歯並びの状態、お子様の事、費用や期間など、ご不明な点は何なりとご相談ください。

02精密検査・カウンセリング

精密検査・カウンセリング

精密検査の結果をもとに、矯正治療全般に関して詳しくご説明をいたします。少しでも疑問点がございましたら、再度ご説明し納得いただいたうえで、治療を開始するかどうかのお返事をいただきます。

03治療開始

治療開始

装置をつけて、歯に力を加え始めます。矯正力により歯の周りの骨や歯ぐきが新しく作り変えられることで、歯が移動してゆきます。

04通院

通院

口の中に装置がついている期間では毎月1回のペースで来院して頂きます。

05治療終了

治療終了

矯正装置を外します。但し、外したままにすると後戻りという現象を起こすため、保定装置を装着していただきます。

*保定装置は症例にもよりますが、1~2年矯正医の指示に従って使用していただきます。使用しないと後戻り(歯並びが悪い状態に戻ること)を起こし、再度矯正をする必要が出てきます。

06メインテナンス

メインテナンス

保定装置により歯ならびを維持する期間です。定期的にメインテナンスにご来院頂き、保定装置を終了する期間まで、経過を観察していきます。

治療のタイミング

こどもの矯正治療(Ⅰ期治療)

こどもの矯正治療(Ⅰ期治療)

期間:永久歯が生え揃う(~12歳頃)までに矯正を行います。

乳歯列期・混合歯列期とよばれる、歯ならびに乳歯が残っている時期から始める治療です。将来、正しいかみ合わせとなるために、歯ならびを悪くしてしまった原因を除去し、成長を利用して上下のあごのバランスを整えることが目的となります。成長を利用したこどもの矯正を行うことで、将来、抜歯をしないで治療できる可能性が増えたり、大人の矯正の治療期間が短縮したり、不正が小さい状態から大人の矯正を開始できるために治療後の後戻りを最小限に抑えたりできることができます。

矯正治療は親が子どもにしてあげられる最高のプレゼントの一つと考えます。
子どもの歯ならびに気づいてあげた際には、将来のために是非お気軽にご相談ください。

不正な歯ならびの詳細はこちらをご確認ください。

大人の矯正治療(Ⅱ期治療)

s大人の矯正治療(Ⅱ期治療)

期間:1年半~2年半ほどが目安です。

乳歯がなくなり、すべての歯が永久歯に交換してから行う治療です。基本的にすべての歯にブラケットをつけて、適切な位置に歯を並べていきます。

成人の方やこどもの矯正(Ⅰ期治療)をされた方の第二段階目の治療となります。目安として、中学生以上のかたはこの治療方法になります。

基本的に何歳であっても、矯正治療で歯は動かせます。しかし、歯周病などで口や歯の健康状態が悪かったりする場合には、歯の反応や慣れる力が弱るため、矯正治療が難しくなったり、治療期間が長引く場合があります。

大人の矯正は見た目だけでなく、将来的な予防の観点からも大切です。80歳以上で歯が20本以上ある方は、歯並びがよいために清掃性や唾液の循環がよく、咬み合わせのバランスが良いために歯がいつまでも残っていると言われています。

当院では目立たない矯正装置にて、大人の方でも受け入れやすい治療を選択することが可能です。見た目の印象を良くし、将来のかみ合わせに不安のある方は、是非お気軽にご相談ください。

不正な歯ならびの詳細はこちらをご確認ください。

目立たない矯正

矯正装置といえば『ギラギラのあれ』を思い浮かべるかと思いますが、当院では治る過程も楽しんでいただくために、可能な限り目立たない装置にて治療を行います。

クリアーブラケット

光学ガラスと同等の透明性を持つブラケットを使用することにより、周りのかたに気づかれにくく治療を行うことができます。

また治療ステージによっては、白くコーティングされた審美ワイヤーを選択することも可能です。

クリアーブラケット(通常ワイヤー)

クリアーブラケット(通常ワイヤー)

クリアーブラケット(審美ワイヤー)

クリアーブラケット(審美ワイヤー)

舌側矯正(リンガルブラケット)

矯正装置を歯の裏側につけることによって、基本的に周りの方に装置がみえることはありません。審美性に優れることが最大の長所ですが、舌触りや清掃性に多く注意を払って頂く必要があります。

マウスピース型矯正

ブラケットやワイヤーを使わない、透明なラミネートで作られたマウスピース型の装置(カスタムメイドアライナー)を用いることにより、周りのかたに気づかれず治療を行うことができます。審美性に優れ、取り外しできる所が長所ですが、精密な調整力はブラケットを用いた方法より劣るため、治療の適用範囲には限界があります。

不正な歯ならびについて

でこぼこ(叢生 crowding)

歯並びが凸凹になったり、犬歯が飛び出したりすることがあります。笑うことがコンプレックスになりやすく、むし歯や歯ぐきの病気へのリスクが高まります。

あごが小さく、歯が並ぶ場所が不足することにより生じるかみ合わせのため、早く治療するのが良いでしょう。

受け口(下顎前突 mandibular protrusion)

普通とは反対に、下の前歯が前に出ているかみ合わせです。このままにしておくと前歯がぐらついたり、下あごが成長し過ぎて、あごの変形が生じることもあります。下あごの突出感に悩むこともあるため、なるべく早く治療するほうが良いでしょう。

前歯の開き(開咬 open bite)

奥歯は咬んでいても、前歯が咬みあわず、開いている状態です。食べ物を上手にかみ砕くことができず、発音がハッキリしないこともあります。これは、指しゃぶり、舌を出す癖、口で呼吸する癖、猫背などが原因となるため、生活習慣の改善や、筋機能療法(MFT)が必要です。

出っ歯(上顎前突 maxillary protrusion)

上の前歯が過度に前に出ているかみ合わせです。唇が閉じにくかったり、口元が出ている顔貌となりやすいです。またボールがぶつかった際、歯が折れるリスクが高まります。上の前歯をさげるか、下あごを前に出すことで治りますが、口元や顔のバランスを考えて治療することが必要です。

すきっ歯(空隙歯列 space arch)

歯と歯の間に隙間がある状態のかみ合せです。前歯の真ん中に隙間がある場合は正中離開といいます。原因は、歯の本数が足りない場合(先天欠如)や、逆に歯が多い場合(過剰歯)、上唇小帯(前歯の真ん中から唇にかけて続くヒダ状の部分)の過剰な発達などが考えられます。発音や歯ぐきの病気に影響するため、適切な時期に治療する方が良いでしょう。(乳歯列では空隙歯列は正常です)

矯正治療に伴う一般的なリスクや副作用について

矯正治療の一般的なリスク・副作用など

矯正治療を行う事により、健康的で美しい歯ならびや咬み合わせを得ることには大きなメリットがあります。しかしながら全ての医療と同様に、歯科矯正治療にも潜在的なリスクや副作用があることをご理解頂きたく思います。

矯正治療には以下の一般的なリスク・副作用があることをご理解ください。
※すべてのリスクや副作用が生じるわけではありません。

  • 矯正装置を装着することによる痛み、不快感が生じることがあります。痛みは装置装着もしくは調整後から徐々に現れ、2~3日をピークに消失します。また、矯正装置がくちびるや舌に当たり不快感が生じますが1週間程度で慣れることが多いです。
  • 矯正装置の周りには汚れが付着しやすく、お口の中の自浄作用が低下し、むし歯や歯周病のリスクが上昇します。丁寧に歯磨きを行い、定期的なメンテナンスを受けていただくことが重要です。
  • 歯の動き方には個人差があります。そのため、検査診断時に予測された治療期間が短縮および延長する可能性があります。
  • 装置や顎間ゴムなどの使用状況、口腔筋機能療法(MFT)および定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響を及ぼします。
  • 稀に歯を動かすことにより歯根の吸収が起きて短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がったり、ブラックトライアングルと呼ばれる歯肉退縮現象が起こることがあります。
  • 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • 矯正治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • ごくまれに歯が骨と直接癒着する「骨性癒着」が起きていて思うように歯が動かないことがあります。また、ごくまれに歯を動かすことで歯の神経が障害を受けて歯髄壊死が起きることがあります。
  • 様々な要因により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • 緊密な咬み合わせの獲得のため、歯の形態修正や、咬合調整を行ったりする可能性があります。
  • 何らかの要因で矯正装置が外れたり、その装置を誤飲する可能性があります。
  • 矯正装置を歯から外す時に、エナメル質にクラックと呼ばれる微小な亀裂が入る可能性や先端の欠けや、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • 保定治療と呼ばれる後戻り防止装置(リテーナー)の使用方法を遵守し、定期的な経過観察をお受け頂けない場合、歯並びの後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • 矯正装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態にするため、むし歯の治療やかぶせ物(補綴物)などをやりなおす可能性があります。
  • 顎の成長発育や加齢などの経年的変化や歯周病により、咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。その場合、再治療などが必要になることがあります。
  • 親知らずなどの影響により、歯並びにデコボコなどの叢生が生じたり、噛み合わせに影響を及ぼす可能性があります。
  • 歯科矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。